• ホーム
  • 男性が尿道に痛みを感じたら性器クラミジア感染症の疑いがある!

男性が尿道に痛みを感じたら性器クラミジア感染症の疑いがある!

2019年08月01日
患者と話している医者

現在の日本において年間の新規患者数が最も多いのが性器クラミジアになるのは間違いありません。感染者数は100万人を超えるとの推計もあるほどで、性生活の盛んな20歳代の男女に患者数のピークが見られます。原因となるのは性行為やオーラルセックスのような性的接触行為を持つことです。クラミジアに感染している粘膜に接触すれば感染するリスクは性行為と同等の高さになっているので、オーラルセックスでも十分感染の可能性はあります。つまり感染部位は、粘膜が分布している箇所であれば場所は問わないので、感染した性器に口腔粘膜が接触すれば咽頭炎の原因にもなっています。ただしクラミジア性咽頭炎は自覚症状がほとんどなく、医師の診察を受けたときに口腔検査で咽頭の異常を指摘されることが診断のきっかけになっているのが実態です。

クラミジアは性行為やオーラルセックスが感染の原因となっているので、典型的な性感染症の一種です。性生活が旺盛な20歳代に患者のコア層が存在するだけでなく、男性と女性で症状の出現の仕方に特徴がみられます。男性では2~3週間の潜伏期間を経過した後、尿道炎の症状を訴えるのが比較的よくみられる症状です。尿道炎でもっともよく観察されるのが排尿痛になります。尿の通過道である尿道に炎症が生じることで、排尿時に炎症部位が刺激されていたみを感じるわけです。ただし排尿痛があるにしても淋病ほどいたみの程度が強くないので見過ごされる可能性は否定できません。また女性では自覚症状にとぼしく、クラミジア感染の事実すら知らないまま、不特定の男性と性交渉をもち感染を広げている可能性もあります。女性ではせいぜいおりものが増加したり、外陰部の軽いかゆみ程度の症状に止まる状況も否定できません。クラミジア咽頭炎も自覚症状に乏しく、せいぜいおりものの増加程度なので、クラミジアに感染した後も適切な治療を受けないまま長期間放置されている事例が相当数に上ると予測されています。しかし卵巣炎や卵管炎などを合併すると不妊症の原因になるので積極的に治療することが大事です。性器クラミジアには確立した治療方法があります。性器クラミジアの治療方法の主なものはジスロマック1,000mgを1日1回内服するというものです。この治療で症状は治癒し病原体も根絶できますが、自覚症状に乏しいので、感染の事実に気付かないまま治療もしない状態で放置されている可能性も否定できないので他人事と考えないのが賢明です。 病院に行く時間がない方、少しでも治療費を掛けたくない方はクラミジアの治療薬を通販することも可能です。
通販ですと色々な種類の薬やジェネリックなども取り扱っているので、選びやすいです。 クラミジア治療薬としてはジェネリックであるアジーを通販すると割りと早く届くことがあるので信用性の高い通販サイトから購入してみてください。 また再発した時のことを考えて、まとめて買っておくのもよいかもしれません。